高血圧に起こす病気について

高血圧とは
正常の血圧は、からだを動かすと寒さを感じる場合で変化します。このように一時的な血圧上昇は、高血圧とは言えません。
高血圧とは、安静を保った状態での血圧が徐々に血圧の平均値よりも高い状態をいいます。高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなってバリバリになったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

高血圧を放置していると
高血圧を放置すると、動脈効果になる可能性があります、そして脳卒中や心疾患、あるいは慢性腎臓病などの重大な病気につながります。
とりわけ最近の研究から、脳卒中は男女を問わず高血圧の影響が大きいことが明確になっています。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など
脳卒中は高血圧によって一番リスクが高くなる病気です。収縮期血圧(血圧最高値)が10mmHg上昇すると、脳卒中のリスクが男性で約20%、女性で約15%高くなります。
脳卒中は命が助かっても、運動障害や言語障害が残りやすく、長期のリハビリが必要となることも少なくありません。

心筋梗塞、狭心症など
高血圧は、心疾患を患う可能性も高めます。特に、男の場合は影響が大きく、収縮期血圧が10mmHg高くなると、心筋梗塞や狭心症の危険度が約15%も増加します。

慢性腎臓病
高血圧になると腎臓にも大きな影響がかかり、血管中のアルカリ金属などの排泄がうまくいかず、さらに血圧が向上する悪い影響を起こしやすくなります。慢性腎臓病を起こすと、脳卒中や心筋梗塞による死亡率も高くなることがわかっています。