ノルバスクはどんな効果がありますか?

ノルバスクとは
ノルバスクとは、ファイザー社によって開発された高血圧と狭心症の治療薬で、カルシウム拮抗薬という種類に属しています。ノルバスクを服用後、体内の血管を広げることで心臓の負担を小さくさせる効果に達します。更に副作用が少なくて安全性が高いですから、多くの高血圧症の患者に愛用されています。

ノルバスクの効果
ノルバスクは第3世代のカルシウム拮抗薬とも呼ばれています。本来、カルシウム拮抗薬は副作用が少ない高血圧・狭心症の治療薬とされています。ノルバスクは第3世代のカルシウム拮抗薬として第1世代と比べて、改良が重ねられており、特に安全性の高いお薬となっています。

ノルバスクの作用機序について、ノルバスクは細胞内へのカルシウムの流入を抑制することにより冠血管や末梢血管を弛緩させたり、心筋の緊張を和らげたりすることを通して、血圧を下げることができます。それで、血管にダイレクトに作用するため、効果が強く、実際の臨床では、圧倒的に高血圧症の治療に対して用いられています。

ノルバスクは狭心症の治療薬としても高く評価されています。狭心症とは、心臓を栄養する血管である冠動脈が狭くなったり痙攣してしまったりすることで、心臓に血液が届かなくなる疾患です。ノルバスクは冠動脈の内腔を拡げる作用がありますから、狭心症に対する治療効果が望めます。