ノルバスクの副作用

ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に分類され、カルシウム拮抗剤は、カルシウム(心筋や冠動脈を収縮させる物質)の作用を抑えて心筋の緊張をやわらげたり、冠動脈の内腔(ないくう)を拡げるはたらきをもった薬で、効き目が良く安全性が高い事でも知られています。ノルバスクはアムロジピンを有効成分が配合して、血圧を下げる作用により高血圧症や狭心症の治療に用いられる医薬品です。

ノルバスクは安全性が高いといわれます。しかし、どんな医薬品にも効果がある反面、必ず副作用があります。

副作用として主に、顔のほてり、めまい、頭痛やふらつき、発疹や痒み(蕁麻疹)、光線過敏症、歯肉の腫れなどの副作用が起こる事が多いようです。これらの副作用は他のカルシウム拮抗薬と共通して、また歯肉が肥大してしまう副作用が発現する事があります。特に高齢者の方は副作用が出やすいので、少量より開始するなど医師の指示通り注意して服用してください。

重大な副作用として、脈が異常に遅くなる、胸が痛くなる、食欲不振になるなどの症状が現れることが稀にあるので、念のため注意をするようにしましょう。

もし、このような症状が発見する場合や、服用後に異常が見られた場合などは、服用を中止し、医師や薬剤師に相談することをお勧めします。