カルシウム拮抗薬ノルバスクについて

ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に分類され、カルシウム拮抗剤は、カルシウム(心筋や冠動脈を収縮させる物質)の作用を抑えて心筋の緊張をやわらげたり、冠動脈の内腔(ないくう)を拡げるはたらきをもった薬で、効き目が良く安全性が高い事でも知られています。
ノルバスクはアムロジピンを有効成分が配合して、血圧を下げる作用により高血圧症や狭心症の治療に用いられる医薬品です。

ノルバスクの成分ノルバスク
ノルバスクの成分であるアムロジピンは、細胞内へカルシウムが入ることを抑制し、冠血管や末梢血管を拡張させます。血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し、血圧が上昇してしまいます。アムロジピンの働きにより、血管を収縮させるカルシウムが血管の平滑筋細胞に流入することを防ぎ、冠血管や抹消血管を拡げ、血圧を降下させます。血管が拡がることで血行が良好となり、血液や酸素の供給がスムーズになります。血圧が安定することにより、脳卒中、心臓病、腎臓病を防ぐことも期待できます。また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします。脳や腎臓、目の網膜などあらゆる血流を改善させるので、様々な病気に応用されることもあります。

ノルバスクの使用方法
ノルバスクの使用は高血圧の場合は、2.5~5mgを1日1回服用し、狭心症の場合は1日1回5mgを服用してください。1日を通して持続的に血圧を下げなければいけません。そのため、薬の作用時間が長いことはとても重要になります。
アレルギー症状が出たことがある人や、他の薬を使用している人は、必ず医師や薬剤師に伝える必要があります。決して自己判断で服用をやめたり、量を増やすことはせず、使用方法をきちんと守り、正しく服用する必要があります。
どちらの使用も症状に応じ適宜増減することができますが、1日の使用量を必ず守ってください。
ノルバスクの効果は血糖や脂質、尿酸などに影響が出ないため、幅広い年代層に使う事ができ、特に合併症のある方には適したお薬と言えるでしょう。
他のお薬との飲み合わせや食べ合わせの注意点がありますので、医師の説明をきちんと聞いて服用しましょう。

ノルバスクの副作用
ノルバスクは安全性が高いといわれますが、副作用として動悸、めまい、ふらつき、頭痛、発疹、まぶしく感じる、体がほてるなどの症状が報告されています。それらの副作用は他のカルシウム拮抗薬と共通して、また歯肉が肥大してしまう副作用が発現する事があります。特に高齢者の方は副作用が出やすいので、少量より開始するなど医師の指示通り注意して服用してください。
もし、このような症状が発見する場合や、服用後に異常が見られた場合などは、服用を中止し、医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

♦ 高血圧ジェネリック治療薬をオススメ

ヒドロクロロチアジド

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

インデラル

インデラル・ジェネリック

ザイロリック

ザイロリック・ジェネリック

心を込めて推薦する:シアリスの解説するWiki